私は草食動物が好きで
中でもウサギが一番。あの愛らしい中の強さや賢さが魅力です。
補食される立場の哀しささえ。
雪うさぎのドキュメンタリーを見て感動し野性の厳しさが胸に迫りました。
武器ひとつ持たないウサギは逃げ延びるしかない。周囲は天敵だらけです。(私もか(^^;)))
それでも逞しく生きる!知恵と自慢の駿足で。
酷しい自然の気候にも耐える毛並み。
そんな用心深いウサギも春の恋の季節に油断から天敵に狩られ命を落とす…
自然に居るからと言って必ずしも子孫を残せるわけでないのだと改めて知りました。
…ウチのミッチも子孫残せず可哀想だと思ってましたが、幸せなんて解らないもんだ、とつくづく思う。
比べてどうの、じゃ絶対ないのだと!


この写真は平凡社から出ていた富士本寿彦氏の「野ウサギの四季」、から。

これは少し前のミッチ。私の足にしがみついています。