9月10日(木)
京都造形芸術大学に行く。
学生のねぶた製作の指導ということだったが、どうして立派な製作風景だった。
潤沢な材料に、精密な設計図。僕たちの作る工程とはずいぶん違うしこっちが戸惑うこともあったが、少しはアドバイスをして参考になったとは思う。ついつい手を出したくなるが、我慢して見守る。


1チーム30人くらいで、全部で25チームほどもある。

↑模型。これは中でも非常に難しいねぶた。上部の傘のようなものを動かすか、出来ればまわしたりもしたいらしいが、、、

↑針金を丸めている

↑設計図。傘のそれぞれの先には1メートルくらいのローソクも立てるらしい。

↑芯の竹を受ける土台

↑傘の中心になる、かなりの重量がかかるであろう部分。みんなで話し合いながら進める。

↑校内。

↑外でもいろんなねぶたが展開されていた。
僕たちはこの日だけだったので、その後どういう風に完成したのか見られないのが残念だ。