6月8日

やはり熟睡できない。
朝6時には窓が明々と朝日に照らされているので自然に起きてしまう。なぜか窓全体を覆えるだけのカーテンがないのだ。
8時半に劇場へ。ほんとにややこしい迷路のような道順をたどってレクチャーをする5階の部屋へ手すりなどを運ぶ。
 西
本番は10時の予定なのだが、フランス時間とやらでいっこうに始まらない。
おまけに今日はメトロのストも重なったようで、集まりが悪い。
30分くらい遅れて勘十郎さんの挨拶から始まった。
続いて呂勢大夫さんの解説。なかなか熱が入る。

体験コーナーに手をあげる人はいなかったので、全員で大笑いの発声をする。
燕三さんの解説に続いて体験コーナー。1人の男性が挑戦する。
 
かなり時間も押しているので燕三さんも終わろうとしているのに次々に質問が来る。
三味線のつぼはいくつあるのかとか、鋭い質問が続く。
勘十郎さんの人形解説が始まる。

そして体験コーナー。みんな楽しそう。

いよいよ蓑助さんによるお園が登場。

こういう場所で改めてみる文楽に僕も魅了される。
12時過ぎに終了して、僕たちはやっと解放されると喜びながらバラシにかかり、ほぼ終わりかけたところで、
「いやちょっとまってくれ。3時からここでインタヴューがあるのだが、そのときもこのセットを使いたい」というのだ。
「もっとはよいえよ。」と思いつつ元に戻す。

ランチタイム。中司君の希望でマクドナルドへ行ってセットを買って、劇場の前の広場で食べる。ほんとにいい天気。
 西
劇場に入り、細かい作業をする。
インタビューが一向に終わらない。やがてすることもなくなり、時間の過ぎるのを待つ。
控え室で任天堂DSをする。今日のコンサートの催し物がなければ舞台をしこめるのにと思いつつ、、、
6時半インタビュー終了の連絡が入る。急いで会議室へ。ばらして着替えて、早々に帰宿。
近くのスーパーへ行き、ビールや食料を買う。
部屋で少しDVDを見るがいつの間にか寝てしまう。