仕事でドイツへ行ったときのみやげ。ベルリンの道端の屋台店でいろんな色を3個値切って買いました。普通の万華鏡とは違って、太いほうの先の小さな穴から、細い管を覗くのですが、その管には液体の中に、比重の重い赤い液体に混じって、星の形をしたものや色とりどりのビーズ玉などが下へ落ちていくのです。そのさまがとってもきれいで、何度見ても飽きません。ドイツの大きな店にはまったく見かけませんでしたし、日本でも売ってなさそうだし、もしかしたら、あの屋台で売っていた青年のお手製か?
下の4枚の写真は、デジカメを除き穴にくっつけて撮影したものですが、雰囲気は伝わるでしょうか