『コリン・ザ・グレート』はもうずっと昔、アーノルド・シュワルツェネガー主演でヒットした映画がはやっていた頃、僕(ヨシ)が働いていたある劇場に実在したコリン(本名は小林ですが、あだ名はコリンと呼んでいました)を主人公に円太郎が描いたものを掲載します。登場する裏方はすべてモデルがいますが、もし当時の劇場をご存知の方は懐かしく見ていただけると思います。


ページめくる